夏休みのホテルを安くゲットする!

【2019年最新版】海の中道海浜公園お出かけガイド!見どころや子連れの注意点まとめ!

海の中道海浜公園

福岡県福岡市にある「海の中道海浜公園」に行ってきました。

インスタ映え間違いなしのスポットもあり、そして子供が最高に遊べるスポットでした!
家族連れ、デート、写真付きにもオススメな「海の中道海浜公園」を紹介していきます!!

 

この記事で分かること

  • 入り口はどこから?
  • インスタ映えスポット
  • 各エリアの様子
  • 行く前に知っておくべきQ&A

 

入り口はどこがいいの?

海の中道海浜公園

ワンダーランド口や、海の中道駅口などがありますが、メインとなる入り口は西口です。レンタル自転車も西口が一番たくさんの台数を管理しています。

入り口が複数ありますが、「目的」や「交通手段」によって入り口が変わってきます。

入り口別の目的

  • 自転車を「確実に」借りたい、花を見たい、車で行く→西口
  • 子供が遊具で遊びたい、車で行く→ワンダーランド口、もしくは西口
  • 電車で行く、水族館にも行きたい→海の中道駅口

 

入場料金

一般団体
大人450円290円
シルバー210円210円
中学生以下無料無料

年に数回、無料入園日がありますので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

花を撮ってインスタ映え!

海の中道海浜公園

西口を入り進むと最初に見えてくるのは、チューリップ!

 

カラフルなチューリップがたくさん咲いています。

海の中道海浜公園

その数なんと11万本!

 

少し歩いて進んでいくと、園内の奥にはインスタ映え間違いなしの「花の丘」が見えてきます。

海の中道海浜公園

ネモフィラという青い花が丘一面に咲いています!
とてもきれいですね♪
見頃は4月中旬~5月上旬頃。

 

奥には桜の木があり、桜の時期だけは桜のピンクのとのントラストを見ることもできます。

海の中道海浜公園

ちょうど桜が満開の時期に写真を撮ることができました。
とてもきれいで、結婚式用の撮影や、雑誌などのカメラマンなど、たくさんのカメラマンが写真を撮っていました。

 

丘の上から振り返ると、あたり一面が青い絨毯!

海の中道海浜公園

なんと150万本という数のネモフィラが植えられているとのこと。
撮影スポットが無限で、どこからでもインスタ映えの写真を撮ることができますよ♪

 

奥に咲いていた、桜も満開でとてもきれいでした。

海の中道海浜公園

桜の下では、レジャーシートを広げて花見を楽しんでいる人がいました。
お弁当を持ち込んでもいいですし、売店や屋台で焼きそばやたこ焼きなどを買ってて食べるのもいいですね♪

 

動物の森

園内には動物を見たり触れ合える「動物の森」というエリアがあります。

海の中道海浜公園

入るとすぐに赤と黄色いオウムが出迎えてくれます。

 

海の中道海浜公園

赤、黄色、青、緑と色鮮やかな色合いのオウムがいます。暴れたりせず、とてもおとなしいオウムでした。

 

ふと下の看板を見てみると

海の中道海浜公園

ふー

!?

 

 

海の中道海浜公園

ふー

え、お前オウムじゃないの!?

 

海の中道海浜公園

ふー

、、、、!?

 

海の中道海浜公園

ふー

お前オウムじゃないんかーい!!

 

どうやら「オウム」と「インコ」はよく間違えられるようです。

海の中道海浜公園

この2匹は「インコ」

 

こっちの白い方が「オウム」です。

海の中道海浜公園

ふー

どっちも同じに見えるんだけど、、、

この日までオウムとインコの違いをよく分からずに生きてましたが、ちょっと賢くなった気がします。

 

 

海の中道海浜公園

ふー

痩せたカピバラ、、、?

かと思いましたが、こちらは「マーラ」という動物です。
カピバラより小柄で、うさぎのように両足を揃えてぴょんぴょんと飛びながら移動していきます。

 

カピバラはこちら

海の中道海浜公園

よく温泉に入っている写真を見ますが、この時はひなたぼっこ中でした。そして
カピバラって思っていたよりも大きいんですね。体長は100~130cmもあるそうです。

 

こちらはカンガルー

海の中道海浜公園

この日は本当に天気が良くて、ほとんどの動物はひなたぼっこしていました。

ふー

寝方がおっさんじゃん(笑)

 

こちらは羊とヤギです

海の中道海浜公園

100円で餌あげができます。直接は危ないので、餌は投げ入れてます。落ちた餌をパクパクと食べていました。

 

そして何より羊が

ふー

めっちゃもっふもっふ~!!!

海の中道海浜公園

この場所では触ることはできませんが、触ったら気持ちよさそうです。

 

突然ですが問題!

 

これは何という動物でしょう?

海の中道海浜公園

写真右側に立っている小さな動物、、、これはなんという動物でしょう、、、、?

 

 

 

 

 

正解は「オグロプレーリードッグ」でした!

海の中道海浜公園

北アメリカに生息しているリス科の動物で、穴をほって地中に巣を作って生活しています。
寒い日は地中にいるようですが、天気の良い日は可愛らしい姿を見ることができますよ♪

 

ちょっと歩くと見えてきたのが、

ふー

羊が放牧されてる!?

海の中道海浜公園

動物園でも見ることがない、自然の中に放牧されているようなスペースがありました。ちょうど菜の花が咲いていて、羊がムシャムシャと草を食べています。

 

こちらは休憩中のようです。

海の中道海浜公園

よく見ると面白い顔をしています。
自宅で写真の整理をしていて、笑ってしまった一枚です。

 

海の中道海浜公園

ひつじ「人の顔を笑うなんて失礼な」

 

お猿さんもたくさんいました

海の中道海浜公園

こちらは「ボリビアリスザル」です。リスのように小さな体で、木から木へと飛び移ったり、走り回ったりと活発に動いていました。

 

こちらは「フサオマキザル」

海の中道海浜公園

とにかく好奇心旺盛で動きがユニークで面白いです。
右手前に映っているお猿さんは、ひたすら箱の中を覗いていました。

ふー

その中には何があるんだい?

 

フラミンゴォ~!

海の中道海浜公園

失礼しました。

こちらには「ベニイロフラミンゴ」、「ヨーロッパフラミンゴ」、「チリーフラミンゴ」の3種類のフラミンゴがいます。
色鮮やかな朱色のフラミンゴや、薄いピンク色のフラミンゴなど個性あふれるフラミンゴ達を見ることができます。

 

動物と触れ合おう!

動物の森では、見るだけでなく、触ったりすることもできます。

海の中道海浜公園

動物の森の奥にある「動物ふれあい舎」では15分間交代で、モルモットや、うさぎなどと触れ合えます。

 

利用時間と料金

海の中道海浜公園

定期的に休憩時間があり、1日5回のみの実施です。開始時間前には行列ができますので、参加したい方は列に並びましょう。料金は無料です。

 

モルモット

海の中道海浜公園

小さくて可愛いモルモットを、膝に抱えて触ることができちゃいます♪
服が汚れないように、エプロンを全員に貸し出してくれるので、子供の服が汚れたりすることはありません。暴れることもありませんし、とても大人しい動物ばかりで、幼稚園ぐらいの子供でも楽しめますよ♪

 

カメ

海の中道海浜公園

小さなカメで噛んだりすることはありません。ゆっくり、のそのそ動く姿が可愛らしいです。

 

うさぎ

海の中道海浜公園

白いカゴに入っているのがうさぎです。すごく大きいですが、もふもふでおとなしかったです。

 

ふれあい広場!

「動物ふれあい舎」の近くに、時間制限なしで動物と触れ合えるスペースがあります。

 

カメ

海の中道海浜公園

 

ヤギ

海の中道海浜公園

 

 

そしてひつじ!!!

ふー

いたぁ~!! さっきめっちゃ触りたかったひつじ!!

海の中道海浜公園

さっそく触ってみました

ふー

もっふもっふ~~~!!!!

枕にして寝たら気持ちよさそうで、いくらでも触っていたくなりました。

 

 

乗馬体験をしよう!

海の中道海浜公園

ポニーに乗馬体験もできます。2019年4月から1ヶ月間限定とのことですが、今度も人気であれば開催されるかもしれません。

 

海の中道海浜公園

 

乗馬体験の詳細

  • 開催期間:4月6日~5月6日
  • 時間:10:30~11:30、12:00~13:00、13:30~14:30、15:00~16:00
  • 料金:300円
  • 定員:各回20名
  • 対象:2歳~12歳

 

 

子供の広場で思いっきり遊ぼう!

海の中道海浜公園

園内でも巨大なスペースを利用している「子供の広場」には子供が思いっきり遊べるスペースと遊具があります。

遊具の数が半端じゃなく多いので、順番待ちとか、人が多くて遊べないとかそういったことがありません!

 

「くじらぐも”ふわりポリン”」という巨大なトランポリンで、で飛び跳ねて遊べます♪

海の中道海浜公園

小さな子供用の小さめのトランポリンもあるので、幼稚園児ぐらいの子供でも安心して遊べますよ。

 

スポンサーリンク

ワンダーランドで遊ぼう!

子供の広場のすぐ横にはワンダーランドというエリアがあります。

「日本の名車歴史館」でゴーカート!

海の中道海浜公園

「遊園地!?!?」と思ってしまうほどしっかりしたゴーカートです。デコボコのオフロードコースもあり、普通のゴーカートでは味わえない楽しさがあります。

 

昭和20年代~40年代の懐かしい国産車などが展示されています。

海の中道海浜公園

大人にとっても、車が好きな子供でも楽しめます♪

 

ゴーカートは130cm以上の方なら誰でも乗ることができます。

海の中道海浜公園

 

ゴーカート詳細

  • 料金:500円(5才児まで無料)
  • 注意:5才児までは15歳以上の付き添い同伴者が必要

 

迷路・SL機関車・F1バッテリーカー

海の中道海浜公園

小さな子供向けの遊べる施設です。ゴーカートに乗れない小さな子でも、F1バッテリーカーに乗ることができます。

 

巨大フードコート

海の中道海浜公園

ワンダーランド、子供の広場の近くには大きなフードコートがあります。お昼を食べるもよし、ちょとアイスを食べるもよし。
お弁当を持ってこなくても、お昼ご飯やおやつを食べられちゃいます。

 

海の中道海浜公園

 

アクアロール!

海の中道海浜公園

 

テレビとかでよく見たことある、このアクティビティ。

海の中道海浜公園

滅多に体験できないので、空いていたらすぐに遊びましょう!!

 

バラ園

バラの見頃は5月からということで、私が行った4月上旬にはまだ咲いていませんでした。

海の中道海浜公園

本当なら一面がバラだらけになるみたいです!

 

それでも綺麗な花が咲いていたので写真を撮ってきました。

海の中道海浜公園

 

海の中道海浜公園

バラ園はレトロな洋風の雰囲気あふれる建物が多く、インスタ映えしそうな場所がたくさんありましたよ♪

 

桜並木

海の中道海浜公園

子供の広場から潮見台へ行く途中にはきれいな桜並木がありました。すこし散り始めでしたが、花びらが舞い、きれいです♪

 

潮見台で海風を感じよう!

子供の広場から徒歩10分程度でいけます。

海の中道海浜公園

屋根がついた小屋から海を眺めることができます。
涼しい風と波の音、リラックスするには最高の場所ですね♪

 

 

行く前のQ&A!

行く前に知っておくべき情報をQ&Aでまとめました!

 

レンタル自転車を借りるべき?

海の中道海浜公園

海の中道海浜公園はとても広いです。歩いて移動をすると、子供はヘトヘトになってしまいます。自転車に乗れるぐらいの子供で、色々な場所を巡りたい場合はレンタル自転車は必須です。
幼稚園ぐらいで自転車に乗れない場合は、キャリーワゴンがあると便利です。子供を乗せてラクラク移動ができます。

 

ベビーカーは大丈夫?

大丈夫です。園内はほぼバリアフリーで、階段や段差はほぼありません。

 

 

トイレはたくさんある?

海の中道海浜公園

園内にはトイレがたくさんあります。行列ができたりするほど混みません。子供が急にトレイに行きたくなっても比較的近くにトイレがあります。

 

休憩できる場所はある?

海の中道海浜公園

園内には数箇所のレストハウスがあります。休憩したり、食事をしたり、お土産を買ったりできます。

 

海の中道海浜公園

 

こちらは大芝広場のレストハウスです。

海の中道海浜公園

 

私はこちらでお昼を食べました。

海の中道海浜公園

座る場所もあり、外にはベンチもあります。

 

今回は焼きそばを食べました。

海の中道海浜公園

昔から食べ慣れたあの焼きそばの味で、マヨネーズがついています。

 

▼メニュー

海の中道海浜公園

オムライスや焼きそば、たこ焼き、ソフトクリームなど、ランチからおやつまで食べることができます。

 

 

駐車場は広い?

海の中道海浜公園

合計2,000台以上の駐車スペースがあります。十分過ぎるぐらい広いので、駐車場が無いことはほぼないでしょう。

 

海の中道海浜公園の詳細・アクセス

住所〒811-0321 福岡県福岡市東区西戸崎 福岡市東区西戸崎18−25
電話番号092-603-1111
営業時間9:30~17:30
定休日なし
アクセス車:博多駅から車で約1時間。
電車:博多駅から約40分
駐車場あり (有料2,000台程度)
公式サイト海の中道海浜公園[公式サイト]
Instagram#海の中道海浜公園
周辺情報レンタカーを使うならこちら
周辺のグルメ情報はこちら
周辺の遊びスポット・体験スポットはこちら
周辺のホテル・宿泊先はこちら

感想・口コミ

ふー

とても広く移動は疲れましたが、行ってよかったです!季節によってイベントもたくさん実施されますので、何回訪れても楽しめます!

 

福岡のグルメ・お出かけや観光スポット・イベント情報をもっと探すならこちら

天神地下街福岡県のおすすめスポット10選!地元民が人気スポットから穴場まで紹介