ウーバーイーツが北九州市・久留米市4月7、9日でスタート!

\さぁ、どこに行く?/

【観光レポ】ヤシの木と洞窟の神社?鵜戸神宮で運玉投げのススメ

鵜戸神宮

「神話のふるさと」として名高い、宮崎県が誇る屈指のパワースポット「鵜戸(うど)神宮」に行ってきました。

今まで見たことが無い、とっても面白い神社だったので、早速当日のレポートをお届けします!

 

この記事で分かること

  • 鵜戸神宮の見どころ!
  • 鵜戸神宮の「運玉投げ」について
  • 近くのスポットについて

 

宮崎県屈指のパワースポット「鵜戸神宮」って?

鵜戸神宮

鵜戸神宮は宮崎県の日南市にある、国の名勝にも指定されている美しい朱色の神社です。

本殿は南国の綺麗な海が見渡せる、なんと!崖の上の洞窟の中にあるという珍しい神社で「縁結び、夫婦円満、安産、育児、海上安全」などの御利益があるとされています。

 

普通は神社といえば、人里離れた静かな森の中にある、、、というのがセオリーですが、鵜戸神宮はヤシの木が立ち並ぶ、リゾート感溢れる開放的な神社なんです!

 

鵜戸神宮

鵜戸神宮に祀られているのは「日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)」様で「神武天皇」のお父さんにあたる存在と言われています。

地元では親しみを込めて「鵜戸さん」とも呼ばれていて、古くから愛されている神様のようですよ。

 

スポンサーリンク

鵜戸神宮へのアクセス方法について

鵜戸神宮

鵜戸神宮はなんとなく立地的にアクセスが悪そう、、、と思われがちですが、実は公共交通機関でも、レンタカーやマイカーでもアクセスが可能な、とっても行きやすい神社です。

まずは宮崎空港からは、路線バスの「日南行・飫肥行・都井岬行」に乗れば、直接鵜戸神宮まで行ってくれます(所要時間約1時間)

次に宮崎駅からは「日南線(下り)」に乗り換えて「伊比井駅」か「油津駅」で降りれば、あとは路線バスで約20分くらいの道のりです。

 

伊比井駅からは「日南行・飫肥行・都井岬行」の路線バス、油津駅は駅前のバスセンターで「宮崎駅・空港駅行」の路線バスに乗れば、そのまま鵜戸神宮まで直接行けちゃいます。

最後にレンタカーやマイカーで鵜戸神宮まで行く場合は、宮崎市街から国道220号線経由で約1時間くらいかかります。

 

しかし、この道はヤシの木が生い茂る、通称「日南フェニックスロード」と呼ばれる超絶景シーサイドドライブルートなので、1時間は正直あっという間ですよ!

あ、ちなみに鵜戸神宮の駐車場は、週末でも込み合うことはなく、普通に停められるのでご安心を。

 

 

鵜戸神宮までの参道の見どころについて

鵜戸神宮

鵜戸神宮の観光駐車場から本殿までは、参道を歩いてだいたい15分くらいの道のりです。

結構歩く時間が長いなぁ、、、と思うかもしれませんが、海沿いで潮風がとっても気持ちいい参道なので、歩くのが全然苦にならないです。

 

鵜戸神宮

参道の八丁坂沿いにはおしゃれなカフェが数軒あるので、ついつい参拝前にまったりしちゃうのも最高でいいですよ!

特に「RAINFOREST CAFE」のソフトクリームやスイーツ類はどれもオススメです!

 

鵜戸神宮

他には宮崎名物の「チキン南蛮」を食べることが出来るカフェもあったりしますよ。

 

 

鵜戸神宮の見どころについて

鵜戸神宮

参道の散策を楽しみながら、いよいよ鵜戸神宮の本殿近くまで来ると、真っ青な海が目の前に広がっています。

そして、そこを貫く朱色の階段が、本殿まで続く絶景を見ることが出来ます!

 

実はこの階段は「下り宮」と呼ばれていて、全国にたった3ヶ所しかない珍しい階段です。

普通は本殿に向かって登って行くのが神社の階段ですが、群馬の「一之宮貫前神社」と、熊本の「草部吉見神社」そして鵜戸神宮の階段は下っていきます。

 

鵜戸神宮

この「神様に向かって下りていく」という感覚は、今までにない新鮮な体験でした。

 

鵜戸神宮

そして、肝心の鵜戸神宮の本殿は、海沿いの洞窟の中に建っており、ちょっとした探検気分を味わうことが出来ます。

洞窟内は常夏の宮崎ではありがたい、ヒヤッっとした冷たい空気が常に漂っていて、岩肌から滴り落ちる水音が心地よかったです。

 

また、最近は御朱印ブームなので、参拝の証に御朱印を貰う参拝客も目立ちます(御朱印は300円です)

とにかく、きっと実際に現地に行ってみれば「あ、ここはパワースポットに違いない」と確信すること間違いなし!

 

それくらい鵜戸神宮という場所は、目に見えないパワーを感じる場所でした。

 

 

スポンサーリンク

鵜戸神宮に来たら必ず「運玉」を投げてみよう

鵜戸神宮

鵜戸神宮に来た参拝客のほとんどがチャレンジする、ちょっと変わった面白い運試しが「運玉投げ」です。

 

5つの「運」と書かれた小さな玉を、本殿の遥か下にある霊石「亀石」の窪みに見事入れることが出来れば、願いが叶うと言われています!

 

鵜戸神宮

 

 

男性は左手で、女性は右手で運玉を投げるのがルールで、これが予想以上に難しいから白熱します。

鵜戸神宮

実際、運玉を投げる場所では「うわ〜惜しい!やった〜入った!」など、大人も子供も本気で絶叫しているので、正直見ているだけでもめちゃくちゃ楽しいです。

 

しかも、運玉の初穂料はたったの100円で、もちろん鵜戸神宮に来たら絶対に挑戦して欲しい運試しなのですが、、、実は運玉投げは本殿参拝の後にやるのが参拝マナーなので、そこだけはくれぐれもご注意を。

 

今までこんな神社を見たことがない!

境内に綺麗な海とヤシの木があって、本殿は洞窟の中にあって、海に向かって玉を投げる、、、今までこんな神社を見たことがありますか?

宮崎に行く際は、ぜひ鵜戸神宮でお参りしていって下さいね!

 

近くのスポット・ランチ・宿

 

近くのランチ・レストラン・カフェ情報

 

 

 近くのレジャー・アクティビティスポットのクーポン

 

近くの温泉・ホテル・宿情報

 

 

鵜戸神宮の詳細・アクセス

住所〒887-0101 宮崎県日南市大字宮浦3232
電話番号0987-29-1001
営業時間4月~9月:午前6時~午後7時
10月~3月:午前7時~午後6時
アクセス宮崎市内から国道220号線で約60分
宮崎ICから国道220号線で約50分
駐車場あり
公式サイト公式サイト
Instagram#鵜戸神宮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA