【随時更新】Go To トラベルキャンペーン 九州の情報まとめ

【食レポ】豚骨のおいしさだけを残したような、澄んだ優しいスープ。若松の老舗名店『南京ラーメン 黒門』の、納得の一杯。

南京ラーメン 黒門

若松にある『南京ラーメン 黒門』をご存じでしょうか。以前は遠賀町にあったのですが、2016年に若松へと移転してきました。あのミシュランガイドにも掲載されている、確かな実力のあるお店です。
その評判は以前から知っていて、いつか行ってみたいと思っていましたが。ようやく足を運ぶことができました。

お店の外観

南京ラーメン 黒門

味のある暖簾が掛かったお店。名前を記入して待つスタイルです。お昼時に行ったのですが、私の前に4~5人が並んでいました。

スポンサーリンク

店内の雰囲気

南京ラーメン 黒門

店内はカウンターが10席くらいと、テーブルが1卓。今回はテーブル相席で通されました。店内は満員。サラリーマンや学生さんなど、常連さんっぽい方が多いのが印象的です。

メニュー

南京ラーメン 黒門

メニューは、これだけ。ラーメンとラーメン大、そしておにぎり。実にシンプル。それだけラーメンにこだわりと自信があるということに他なりません。今回はラーメンを注文しました。

スープの色味からは想像できない、果てしなく旨味が濃縮されたスープ。

南京ラーメン 黒門

これが、黒門のラーメン。こんなラーメン、見たことがありません。色味は白濁でもクリアでもない、少し透き通ったスープ。薄味なのかな?と思えてしまうほど。トッピングはチャーシューとメンマ、そしてネギは芽葱のような細い品種を使っています。
立ち上ってくるのは豚骨の良い香り。臭みやクセは感じません。

 

南京ラーメン 黒門

レンゲでスープをすくうと、ネギの細かさが分かります。スープを一口。

「これは…!?」思っていた印象と、まったく違う味わいが口に広がりました。

まず、スープの薄い色味からは想像できないほど、ぎゅっと濃縮された豚骨の旨味と香り。塩味は低く、油分が少ないのであっさり優しい味わいです。
醤油ダレは使っていないのでしょうか。純粋に豚骨から出る旨味を活かしているような印象を受けます。
スープがとにかく美味しい。これは、わざわざ若松まで足を運んだ甲斐があったというもの…。常連さんが足しげく通うのも分かります。

 

南京ラーメン 黒門

麺は中太と細麺の間くらい。硬さは若干やわめな印象です。この麺が、ホントにスープとよく合う。つるつるっとのど越しがよく、やさしい食感です。

 

南京ラーメン 黒門

チャーシューは、バラ肉と赤身(おそらくモモ肉)の2種類。バラはジューシー、モモ肉は肉々しい味わいが楽しめます。味付けも濃すぎず、ラーメンの味わいにマッチしていました。

なんて完成度の高い一杯。主役はやはりスープ。どこにもない、黒門ならではの美しいスープ。これを味わうためだけに、足を運ぶ価値があります。ミシュランに掲載されるのも、食べてみれば納得と言える味でした。

 

スポンサーリンク

近くのスポット・ランチ・宿

近くのランチ・レストラン・カフェ情報

 

 

 近くのレジャー・アクティビティスポットのクーポン

 

近くの温泉・ホテル・宿情報

 

 

南京ラーメン 黒門の詳細・アクセス

住所 福岡県北九州市若松区青葉台南3-1-5
電話番号 093-777-4688
営業時間 11:00~15:00
定休日 月曜日・第4火曜日(月曜祝日の場合は営業、火曜振休)
アクセス 本城駅から3km
駐車場 あり 無料
約100台分共用駐車場
公式サイト 公式サイト
Instagram Instagram


▼周辺のラーメン情報はこちら
ラーメン日記【2020最新版】福岡県の地元民が選ぶ人気ラーメン39選!

▼周辺の観光情報はこちら
福岡観光ガイド【最新版】福岡を最大限満喫するための観光ガイド!(移動手段・季節ごとのおすすめなど)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA